国立研究大学高等経済学院(ロシア) / National Research University Higher School of Economics (Russia) GJO Activity Report

2017年11月 活動日誌

2017年12月3日
GJOコーディネーター
パシフキナ・ソフィア

On November 22, 2017 TUFS has established the 15th Global Japan Office and the first office in Moscow, Russia at the National Research University ‘Higher School of Economics’ (HSE). The opening ceremony was attended by TUFS Vice President Kayoko HAYASI, Professor Kyoko NUMANO, Professor Yoshikazu SUZUKI, Professor Shigeru ARAI, administrative staff Mai NAKAGAWA, and Russia’s branch coordinator Keiko KOBAYASHI. From the side of HSE there were Ms. Marina BATALINA, Head, Office for International Cooperation, Mr. Andrey FESYUN, Associate Professor, Faculty of World Economy and International Affairs, Ms. Uliana STRIZHAK, Associate Professor, Faculty of World Economy and International Affairs, Ms. Sofiia PASIVKINA, Coordinator, Global Japan Office Higher School of Economics, and Ms. Maria PONOMARYOVA, undergraduate student, Japan Studies at Faculty of World Economy and International Affairs. During the ceremony both parties exchanged warm greetings and strong willingness to collaborate cross-cultural education and research through student exchange and activities introducing Japanese culture in Russia. The main goal of the newly opened HSE Global Japan Office is to provide students with information and support to conduct research on Japan studies.

2017年11月22日、世界で15箇所目、ロシアで1箇所目のグローバル・ジャパン・オフィスがロシア国立研究大学「高等経済学院」(HSE)で開設されました。開所式には、東京外国語大学(TUFS)からは林佳世子理事・副学長、沼野恭子教授、鈴木義一教授、新井滋特任教授、中川麻衣専門職員、小林圭子在ロシアコーディネーターが参加し、高等経済学院からはマリーナ・バタリナ国際協力局長、東洋学科教務主任のアンドレイ・フェシユン准教授、日本研究室主任のウリアナ・ストリジャク准教授、ソフィア・パシフキナ在ロシアコーディネーターやポノマリョーワ・マリア学生代表者が参加しました。開所式では、双方があたたかい挨拶を交換し、ロシアにおける日本文化を紹介するイベントや学生交流を通して、異文化教育・研究で協同しようという強い意欲を示しました。新しく開設されたHSEグローバル・ジャパン・オフィスの主な目的の一つは、学生たちに情報やサポートを提供することです。

mos171228_1