ライデン大学(オランダ)/ Leiden University (The Netherlands)GJO Activity Report

2017年10月 活動日誌

2017年10月31日
GJOコーディネーター
大山 祐李

10月のライデンは、雨が多くなってまいりました。日中の晴れて明るい間に突然土砂降りの雨が降ってくることもあり、一日の間に何度もコロコロと変化する空模様に大変驚きます。冷たい秋風も随分強くなってきており、日本語の授業に参加している学生の中にも、体調不良での欠席がちらほら出てきました。私も体調管理に気をつけたいと思います。/October in Leiden was exceptionally rainy. Sometimes a downpour would suddenly occur in the middle of an otherwise clear day, and I was very surprised by how the weather would rapidly change multiple times in one day. The cool autumn breeze has become considerably stronger, and there are students in the Japanese classes who miss class every now and then due to their health. I am trying to take care of myself so the same thing doesn’t happen to me.
会話のクラスでは、授業の最初に余談として教科書には載っていない日本語の話をするようにしています。今月のある授業では、冬が近づいてきたこともあり、「手洗いうがい」の話をしました。学生たちにとって、このような日本の生活習慣に密着した言葉を知る機会は少ないため、皆熱心に聞いてノートをとったり質問をしたりしてくれました。/At the start of each conversation class, I am trying to teach some Japanese that doesn’t appear in the textbooks. In one class this month, as winter is drawing near, I taught students about ‘washing hands and gargling.’ For the students, there are not many chances to learn language related so closely to Japanese customs, so the students listened, took notes, and asked questions very intently.
また会話の授業では、毎回何名かの学生に1分間のスピーチをしてもらっています。スピーチの内容はオランダの地理についてだったり、オランダ人の生活習慣についてだったりと様々ですが、こういったオランダ文化の話を聞くのは私にとっても新鮮で、非常に興味深く感じます。授業中は私が日本語を教えるだけでなく、学生たちもこのように様々なことを私に教えてくれるので、とても勉強になります。/Also in conversation class, I get a few students each time to give a one minute speech. The speeches are usually about the geography and customs of the Netherlands, and this kind of information is all new to me, so I am very interested in what they have to say. The classes are very helpful, as they are not just about me teaching them, but also about them teaching me.
10月23日には、ライデン大学アーセナール棟の本オフィス前にて、本拠点の看板上掲式を行いました。ライデン大学からは、日本学科学科長のイフォ・スミッツ先生、大学院アジア研究科研究科長で、本学大学院元特別招へい教授のイーサン・マーク先生、そして日本研究科語学部門主任の吉岡慶子先生にご出席いただきました。本学からは、特命事項担当室(国際担当)の萩尾生先生、アジア・アフリカ言語文化研究所の近藤信彰先生をはじめ、多くの教職員、学生、また本学からライデン大学へ留学している学生が参加いたしました。/On the 23rd of October, in front of the Global Japan Office in Leiden University’s Arsenaal building, we held a ceremony for putting up the office sign. From Leiden University, the ceremony was attended by head of the Japanese department, Professor Ivo Smits, head of the Asian Studies (research) Master’s Program and former visiting professor at TUFS, Professor Ethan Mark, and head of the linguistic division of the Japanese Studies Master’s Program, Professor Keiko Yoshioka. From TUFS, many teachers, students, and students on exchange at Leiden University attended, including Professor Sho Hagio from the President’s Task Force (International Management Office), and Professor Nobuaki Kondo from the Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa.
式ではライデン大学のイフォ・スミッツ先生と本学の萩尾生先生よりご挨拶いただきました。両先生のスピーチに、「看板の中身を充実させていきましょう。」という言葉がありました。ときどき私たちは物をつくると、それができた途端に何かが達成できたかのように安心してしまいますが、物ができたところからが本当のスタートなのだ、というメッセージです。この言葉をしっかりと受け止め、この度この看板が設置されたことを機として、ますます活発に、より積極的に両学の交流を深めていきたいと思います。/At the ceremony, speeches were given by both Leiden University’s Professor Ivo Smits, and TUFS’ Professor Sho Hagio. Both of their speeches contained the line ‘let’s make the contents of this sign a reality.’ This message means that, sometimes when we make things, we immediately relax when finished as if we have accomplished something, but in reality this is usually only the beginning of what was started. Taking these words to heart, I aim to use the establishment of the GJO as a chance to work more proactively and directly in developing relations between our two universities.


2017年9月 活動日誌

2017年9月30日
GJOコーディネーター
大山 祐李

9月、いよいよライデン大学の新学期が始まりました。オランダの秋は雨ばかりだと聞いていましたが、今年は気持ちの良い天気が続いています。オランダは自転車大国として有名ですがライデン市も例外ではなく、どこを歩いていても自転車が横をビュンビュンと通りすぎていきます。大学の建物の周りにも、たくさんの自転車が停めてあります。/In September, the new semester finally began here at Leiden University. I heard that autumn in the Netherlands is dominated by rain, but this year the good weather keeps continuing. The Netherlands is famous for being a bicycle country, and Leiden is no exception to this, with bicycles zooming past you wherever you walk. Even at the university there are many bicycles parked around the campus buildings.
また、今年は「ライデンアジアイヤー」とのことで、ライデン市の様々な場所でアジアに関するイベントや展示が催されているようです。中央駅の近くにある国立民族学博物館では「COOL JAPAN」と題した特別展が行われており、アニメから浮世絵まで、幅広く日本の文化が紹介されています。(図1)/Also, since this year is ‘Leiden Asia Year,’ there are many asia-related events and exhibitions being held around Leiden. At the National Museum of Ethnology near Leiden Centraal, a special exhibition titled ‘COOL JAPAN’ is being held, through which a wide range of Japanese culture, from ukiyo-e to anime, is being introduced. (Picture 1)

Netherlands171106_1

図 1 国立民族学博物館入口にある「COOL JAPAN」展ポスター/Picture 1   The ‘COOL JAPAN’ Exhibition Poster at the Entrance of the National Museum of Ethnology.

今月は、新学期が始まる前にまずライデン大学に留学している日本人留学生の皆さんでランチミーティングを開き、顔合わせと交流を行いました。本学からの学部留学生も含めて全員で12人が参加し、お互いに自己紹介をして、生活情報を交換し合ったり、今後の学校行事の予定などについて情報共有を行ったりと、良い交流の場となりました。/This month, before the start of the new semester, we held a lunch meeting with the Japanese exchange students on exchange at Leiden University. Including undergraduate students from TUFS, 12 students attended and, after introducing themselves, exchanged information on daily life and events at Leiden University, making the meeting a successful one.
また、今月から日本語の授業も始まりました。私は初級の文法の授業と会話の授業を担当させていただいています。どのクラスの学生も皆大変意欲的で、授業中は様々な質問が飛び出します。中には授業内容に関連して「こんなことを日本語で言いたい場合はどう言えばいいか」と、まだ学習していない文法を使った表現について質問されることも多々あり、学生たちの積極的に学習に取り組む姿勢に、こちらも大いに刺激を受けるばかりです。/In addition, from this month onwards, Japanese classes begin. I will be in charge of a beginner-level grammar class and a conversation class. Regardless of the class, all of the students are extremely ambitious, and ask various questions during class. I am often asked about phrases using grammatical structures students have not yet learnt, or simply ‘how do you say this in Japanese?’ It makes me very excited to see how the students are taking a proactive approach to their learning.
まだ始まったばかりですが、学生たちの熱心さに応えられるよう、これから頑張って参りたいと思います。よろしくお願い致します。/The semester has only just begun, but I aim to work hard to respond to the enthusiasm of my students.